神崎優のたわごと

シンガーソングライター・作詞家
神崎優Blog
プリンとの思い出。記録
私の愛犬が2月8日に死んでしまいました。
3歳から皮膚病を発症して(笑)毎日かきまくり&死ぬまで皮膚の薬漬けでした。笑
10歳の頃に腫瘍ができて手術して、幸い良性のものでした。
その頃心臓肥大とも言われ、散歩もほどほどにさせてと医者に言われた上、毎日朝と晩に心臓の薬を飲ませていました。
なかなか手のかかる(金もかかる笑)可愛い子でした。

2007年からこのブログを書いています。
一から全ての記事を読み返して、プリンとの思い出やプリンの写真をアップしているブログを記録として残します。
完全に自分のエゴの内容になっています。
私の生活は、犬のプリン、音楽、酒。で成り立っていました。
愛していたプリンが死んでしまったので今、非常に悲しみに明け暮れています。
それと同時に、私のブログは普段の想いやプリンとの生活がよく書かれていたので、懐かしいなぁって思いながら読み返しました。
記録しておいて良かったなぁって感じました。
私のセカンドアルバムのジャケットにも登場しているプリン。
「迷走」のミックスの時、5日間缶詰状態だったのですがプリンちゃんも側にいてくれました。
私の分身の様な子でした。
もともとよく発作が起きていたので、突然死という訳ではなかったのです。
7日は神崎優バンドの打ち上げを家でやったので、皆に囲まれて楽しそうでした。
座布団にちょこんと座って皆の事を見ていた姿が印象的です。
なんだかその後ろ姿をみて、プリンもしかしてもうすぐ?。。。って感じがました。
飼い主だから、毎日犬を見ているのでお話は出来なくても様子でなんとなくわかります。
8日に発作が起きて、だけどいつもよりヤバい感じでそのままって感じでした。
死の瞬間も側に居る事ができました。
今は死んでしまった事が現実の事なのかどうか、理解できていない私が居ます。
でも、いなくなっちゃったんだな〜って理解している様な気もします。
10代の頃、夜に家を抜け出して遊びに行こうとした時(笑)犬が起きて来るから家族にバレて忍び足するのが大変でした。笑
朝帰りした時も、そ〜っと帰ってこようとしても犬が起きてくるので、奴に気付かれない様にするのが大変でした。笑
多感な時期、遊びたい時期、少し大人になった私、ずーっと見ていてくれました。私の話し相手でした。
200702090956000.jpg
古い順に記録としてまとめさせていただきます。
私、若いなぁというより幼いなって感じ。。笑

2007年〜2015年

後ろ向きの愛情

いい夢みてね
見てるの

相棒ッ


ストーリーになっています。笑
zzz
 
14歳と半年生きてくれました。
もう一度プリンに逢いたいな。
毎晩、夢に出て来て欲しいな。。
記録ブログでした。
| 神崎優 | プリン | 10:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
15
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ ARCHIVES
+ CATEGORIES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE